2013年09月19日

営業電話




自宅に営業電話がかかってきた。


自宅にかかってくる営業電話といえば、

僕はいままで受けたことあるのは、

太陽光発電、ネットのプロバイダ、商品先物などの投資系などなど。


営業電話なんて、はっきりいってうざい。

多くの、ほとんどの人は、そう思ってるはずだ。


だから、営業の電話だと分かった時点で

「必要ないです」と有無をいわず、切る人がほとんどだと思う。

あなたもそうですか?


僕も以前はそうだった。


でも、コピーライターとして、webの広告文、セールスレターを書くようになってから、

「どれどれ、どんな営業トーク」をするんだ?

と、勉強のため、ということで、とりあえず話を聞くようにしている。



でも、なかなか、「うまいなあ」と思うような、

セールストークをする人にはなかなか出会えないわけで。


でも、それはそれで、ダメなセールストークの場合でも、

「こういうところがダメだな」と反面教師で勉強になる。


営業やセールスにかかわる人は、やってみて損はないと思う。

ただ、買う気がなくて、下手な営業トークを聞かされるのは、

それはそれでストレスだが。。。



「いいね!」ならクリック
していただくとうれしいです。
posted by ケン モリ at 01:26| Comment(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。