2013年02月17日

会社が嫌でたまらないなら・・・





会社は、

ビジネスをやる目的で人が集まり、

チームとなって活動します。


会社のサービスを売って、

会社の売上を上げるため、

個人個人が給料を得て生活するため。




会社に限らず、

1つの組織、コミュニティには

複数の人が集まります。




複数の人が集まれば、意見の対立が起こります。




それは、その組織の目的意識が強ければ強いほど

起こるのではないかと思います。




たとえば、大学のサークルでは、

わかりやすくいえば、‘遊ぶ’ことが目的のサークルであれば、

意見の対立はそんなに起こらないのではないかと。




起こったとしても、

ある人がそのサークル内でむかついたことがあったとしたら、

たぶん、そのままやめていくことが多いのではないかと思います。




‘遊ぶ’ことが目的の場所で、

「私はこう思う!こうやろう!」と、

戦う姿勢を取る人は

あまり考えにくいですよね。




でも、会社ではそうはいきません。


自分が生活をしていくため、

また社長など一部の人は、会社の存続のため、

ときには組織内で戦う必要があります。




その組織が大きければ大きいほど

戦う必要性が出てくるのではないかと思います。




「そして、自分の意思は必ずしも反映されません。

能力があれば、反映でき、

能力不足であれば、反映できないのです。




自分がいくら、

このやり方がうまくいくはず、

あのやり方はうまくいかないはず、間違っている、

と思っても、、、




会社は社長のもの。

社長が黒といえば黒、白と言えば白なのだ。




上司は部下より権限が強い。

上司がこうやれといえば部下は従うしかありません。


それが会社組織。




会社が、

そのルールが、

嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で

たまらないのなら、

自分で会社を作って、

自分のやりたいようにやる

環境を作るしかない。




それができないのなら、

会社で働くしかないんですよね。



posted by ケン モリ at 14:26| Comment(0) | 仕事をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。