2013年03月16日

とんこつラーメン屋 生着替え 





会社の近くにある

以前から気になっていたとんこつラーメン屋。




本場の福岡・中州の人気店(知らないけど)の

のれん分け店らしい。




金曜の夜、22時頃、

仕事がわって、

その店へ一直線。




すると、その店の前に

呼び込みをしている人がいる。




そうやら店主みたいだ。




金曜の夜、といえば花金だし、

22時頃といえば、

飲んだ後にラーメンでも、

ってカンジで、

ラーメン屋のゴールデンorシルバータイムとも

いえそうだが、、、

ノーゲスト。

そして店主自ら呼び込み。




「これ、ヤバイかな・・・」

と思いながらも、

最初からその店行く気マンマンで、

足はまっすぐ向かっていたので、

そのまま店へ。




「いらっしゃいませ。

さ、そちらで食券を」




カンジのいい店主だ。




「おすすめは黒トンコツです」




この店は「黒」とんこつと「白」とんこつ


2種類あるらしい。




初めてだし、

店主自ら、勧めるものを

断る理由はまったくゼロなので、

「黒とんこつ」を選択。




店内は7〜8名のカウンター席のみ。

せまい。


行列のできるラーメン屋を狙ってる?


てか、これだと食券いらなくない?




まあ、いいや。

写真のラーメン、本当においしそうだ。

楽しみに待つ。




カンジのいい店主が、

「卵好きですか?」

と聞いてきた。




好きです、と答えると、

「ちょっと失敗してゆるくなりすぎちゃった卵あるんで、

サービスでつけときます。」

といってくれた。




店内はせまく、

今は僕と店主二人だけ。




ここで僕が

「僕、出身が福岡なんで、

前からこの店気になってたんですよ」

なんて話しかかれば、

仲良くなれるところだが、




僕は、あまりそういうキャラではないし、

もし、ラーメンが美味しくなかったら、

当然この店には行かなくなるので、

話しかけるのはやめた。




美味しかったら、

次回行ったときに話しかけよう。




「お待たせしました」

さあ、ラーメン出てきた。




せまい店内、カウンターはさんで1対1。


「さあどうそ」いうと、緊張感を感てしまう。

店主はそんなに身構えてるわけじゃないんだけど。




写真とおり、見た目うまそう。




・・・でもイマイチだった。

まずくはないが。




しかし、これが中州のラーメン?

麺があの細麺ではなく、

ちょっと太さがあって、角ばってて、

麺の色が灰色?っぽい。




しかも揚げ玉浮いてる。

これ、ほんとに中州のラーメンなの・・・?


(いま、これが中州で流行ってんのかな?)




味もあっさりしすぎだし。




でも高菜だけはやけにうまい。

高菜で味をごまかそう。




そして博多ラーメンでお約束の、

一杯では足りなさそう。




僕はどちらかというと、

小食な方で、必ず替え玉をするわけではない。




でも、ここのラーメンは、

平均より、確実に少ないような気がする。




味的にはまったく替え玉したいと思わなかったが、

おなか的には足りなかったし、

たまごをサービスしてもらってので、

替え玉した方が店主は喜ぶだろうと思い、

卵のサービス返しの気持ちを込めて、

替え玉を注文した。




「はい!ありがとうございます」

店主、うれしそうだ。




替え玉をスープに入れて

引き続き食べていると、

女性店員が登場




「後ろ、失礼しまーす。」

と僕の座っているカウンター席の後ろを通り、

僕の左横のカウンターテーブルの板を上げて、

カウンターの中へ。




声のカンジが若くて顔が見たかったが、

カウンターの中と自分の距離が近すぎるので、

見づらく、ラーメンを食いながら目線は下へ。




しばらくすると、シャッという音がした。

カウンターと垂直の方向でカーテンが閉められた。




僕から見ると、

左側に10センチくらいのすきまが空いていて、

そこに女性定員の後姿があった。




ま、まさか?





そのまさかで、そこで女性が着替えだした。




おいおい、こんな大きな隙間に気づいてないわけないだろ。

ていうか、この人はいつもここでこういう風に着替えている?

んだよね。




ちゃんと確認してない?

そんなことってある?




なんだコレ?

ホントに着替えてるのか?と思いながら、

見たかったが、狭い店内に客俺一人。

見てるとばれると思って見なかった。




シャッとふたたびカーテンを開ける音。




チラっと見上げると、

やっぱり着替え終えていた。

そして、、黒ぶちメガネをかけた、男みたいな女性定員だった。




今度は、男女定員の約1メートル前で

ラーメンをずるずる。

ますます居心地悪くなった。




ラーメンを食べ終えた僕は、

ごちそうさまでした。

卵ありがとうございました。

と言って、出ようとすると、



店主は、

「ありがとうございました。

お口にあいましたでしょうか」


そういわれて、

いえ、合いませんでした。

とはいえるわけないだろう、と思いながら

はい。ごちそうさまでした、と言いながら、


心のなかでは

「女性定員さんの生着替えもお口にあいませんでした」

とつぶやいた。





「いいね!」ならクリック
していただくとうれしいです。
posted by ケン モリ at 10:28| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。