2013年04月04日

国民栄誉賞。松井なら野茂にも。





国民栄誉賞にプロ野球の長嶋茂雄・・読売巨人軍終身名誉監督と

、巨人や米大リーグ・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜が受賞した。




長島さんは、現役時代を知らない僕でも、その偉大さはわかる。


「巨人・大鵬・卵焼き」といわれた、

巨人の黄金時代を、王さんと支えた

「昭和のスーパースター」長島さん。




王さんはすでに、国民栄誉賞を受賞していたが、

長島さんが受賞していなかったことが意外。


なぜ今なんだろう?




それに対して、松井秀喜選手。


「ん?」と思った人も

少なくないのではないだろうか?




たしかに日米で活躍し、

米大リーグのワールドシリーズで、

MVPを受賞した、唯一の日本人選手。




実績は、超一流の選手であることは、

間違いないが、国民栄誉賞となると、

どうなのだろうか、と僕は思う。




国民栄誉賞を受賞した、

歴代のスポーツ選手を見てみると、、、


・王貞治(プロ野球)

・山下泰裕(柔道)

・衣笠祥雄(プロ野球)

・千代の富士(大相撲)

・高橋尚子(マラソン)

・サッカー女子ワールドカップ日本代表

・吉田沙保里(女子レスリング)

・大鵬幸喜(大相撲)




こうやってみると、

国民栄誉賞受賞者は、

2つのタイプに分けることができる。




■前人未到の記録達成型

・王貞治
・衣笠祥雄
・千代の富士
・吉田沙保里

■国民の記憶型

・山下泰裕
・高橋尚子
・サッカー女子ワールドカップ日本代表
・大鵬幸喜




一応わけることはできるが、


前人未到の記録を達成したから、

国民の記憶に残ったといえるし、


国民の記憶に残るには、

記録必要だ。




「国民の記憶型」と書いたが、

・山下泰裕
・高橋尚子
・サッカー女子ワールドカップ日本代表

はいずれも、オリンピック、サッカー女子はワールドカップで

金メダルと取っている。




そして国民栄誉賞は、感覚的には、

「日本国民に、元気・勇気を与えた人」

という印象を受ける。




僕の勝手な国民栄誉賞の定義が

・前人未到の記録達成型

・国民の記憶型

そして、・「日本国民に、元気・勇気を与えた人」

とすれば、




長島さんは確かに国民栄誉賞だ。

でも、松井さんは、、、




たしかに超一流の記録を残してるし、

国民の記憶に残っている。

元気・勇気も与えてる。


でも、

過去の国民栄誉賞受賞者に比べて、

肩を並べる印象はあるだろうか?




松井が受賞なら、

過去に受賞すべき人がいたのではないか?




それは、野茂秀雄だと思う。




日本人プロ野球選手が、

米大リーグで活躍する礎を作った、

道を切り開いた、フロンティア。




野茂が米大リーグで活躍し、

アメリカでの日本人選手の価値を高めたからこそ、

その後日本人選手が続々と米大リ―グでプレーできるようになった。




イチローも、野茂が開拓したからこそ、

大リーグでプレーできて、

これだけの活躍ができているといえる。


(イチローほどの選手なら、野茂がやっていなかったとしても、

イチローがフロンティアになったかもしれないが)




野茂は、

米大リーグで初めて活躍した日本人選手であり、

「日本人でも大リーグで活躍できるんだ!」と

日本人の元気と勇気を与え、記憶に残った。


そして、日本のプロ野球に米大リーグという活躍という、

とても大きな活躍の場を作った。




プロ野球の発展に寄与し、

野球をする子供たちに夢を与えたという功績は、

とてつもなく、大きい。




松井が受賞なら、

野茂こそ、国民栄誉賞にふさわしいのではないか?




「いいね!」ならクリック
していただくとうれしいです。
posted by ケン モリ at 08:24| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。