2013年03月13日

CD音楽アルバムへの愛着





LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー LS-21

をヤマダ電気で購入しました。


41fLIqYlB+L.jpg



パソコンの、ヘッドフォンジャックに

アンプのコードをさして、

ステレオで、パソコンにあるiTuneの音楽を聞いてます。




コンパクトながら、

2.1chなので音質もいいです。



家にあるオーディオコンポよりも、

音はいいと思います。




まあさすがに、

10年以上前のモノと比べるのは

無理があるかなと思いますが。




そして、このオーディオ、

CDも再生できたり、できなかったりで、

半分、壊れてるんで、、、。




CDの再生がこんな感じなので、

すっかりCDで音楽を聞くことが少なくなりました。




CDを入れても再生するかどうかわからないので、

セットするのが煩わしいんですね。




まあそれは抜きにしても、

iPod出現のおかげで、

CDで音楽を聞くことがすっかり少なくなりました。




iPodをはじめとしたデジタルオーディオ、

iPnoneをはじめとしたスマートフォン一つで、

何百曲も持ち運べる音楽データは、


カセット・CDウォークマン世代の僕らにとっては、

すごく便利でありがたいものです。




聞くにしても、

いちいちCDを1枚1枚出し入れするよりは、

PCにスピーカーくっつけて聞いた方が、

デジタルオーディオにスピーカーくっつけて聞いた方が、

全然便利だんですよね。




しかもCDはレンタルして、

PCにデータを落とせば済むんで、

CDも買う必要がないんです。




持ち運びよし、

聞く手間よし、

おまけにお金がかからない。




データってすごいと思います。




でも、カセット・CDウォークマン世代の僕にとっては、

CDアルバムにありがたみがあります。




家では説明したとおりですが、

車ではなるべくCDをかけます。




好きなアーティストのCDは、

僕の場合はミスチルとケツメイシですけど、

ちゃんと買います。


アーティストへの敬意をこめて。




最近は、CD売れない対策でDVDつけてくれているから、

それで、レンタルにはないプライオリティを

得ることができますしね。




そしてCDアルバムを買うと、

とても愛着がわきます。




レンタルだとお金はそんなにかかってないから、

1回聞いてイマイチだと、聞く回数が増えなくなりがちですが、


CDの場合はそれなりのお金払ってるから、元を取ろうとして、

たとえ1回聞いてイマイチでも、ある程度回数を重ねて聞くようになります。




そうするうちに、

そのCDの曲が好きになってきます。

もちろん例外もありますが。




そして、データの場合だと、

ボタン一つでお手軽に好きな曲だけを聞いたり、

シャッフルしたりできるので、

アルバムを順番通りに聞くって少なくなるんですが、


CDだと、

ちゃんとアルバムの曲順に聞くようになります。




アルバムの曲順に聞くと、

そのアーティストがアルバムに込めたメッセージというか、

魂を感じれるような気がして、愛着がわくんです。




音楽データの恩恵はすごくありがたいですが、

僕はCDアルバムも同じように愛していきたいと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
「いいね!」ならクリック
していただくとうれしいです。

posted by ケン モリ at 22:32| Comment(0) | デジタルライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。