2013年04月20日

禁煙外来初診〜チャンピックスをもらう

禁煙外来行って、

チャンピックスをもらってきました。




まずは、ニコチン依存チェック。

質問事項が書いてある紙に記入していきます。


質問内容は、

1日何本吸いますか?

禁煙したことありますか?

朝起きて何分後、何時間後に吸いますか?

など。




次に、一酸化炭素濃度の測定。


大きく息を吸い込み、思いっきり吸ったら、

10秒息を止める。

その後、全部吐き出す。




数値は、最高いくつか忘れたけど、

僕は「7」

0〜7はノンスモーカーレベル。




僕の喫煙本数は1日10〜15本。

1箱いかない。

たしかにヘビースモーカーじゃないけど、

「ノンスモーカー」じゃなくない?




「みなさんこれくらいか、その上のレベルくらいなんですよね〜」

と看護師さんもちょっと首をかしげていた。


この測定器、大丈夫ですか?




次にお医者さんの診察へ。




さぞかし、いろいろ説明されるんだろうな〜と

思ってたが、

結論を先に言うと、

処方の薬を、飲み薬か、ニコチンパッチか

どちらかの選択をするだけ。




ニコチンパッチは、

カラダの、一般的には二の腕に貼り、

ニコチンを抜いていく。


これは、いきなりタバコをやめなければいけない。




飲み薬の正式名称はチャンピックス


チャンピックスは、

最初の8日間は服用しながらタバコが吸える。


そして、8日目でタバコをやめる。




チャンピックスの説明書きをそのままいうと、

「禁煙の手助けをする薬です。

禁煙にともなう離脱症状やタバコへの切望感を軽減し、

また、喫煙によって得られる満足感を抑制して

禁煙の手助けをする薬です。」




タバコがまずくなる効果もあるとか。




僕は、タバコがまずくなるほうが辞められそうだと思ったし、

いきなりよりも、

タバコを吸いながら、やめる方が入りやすいなと

思って、これを選んだ。




なんでもこのチャンピックス

人によっては副作用がきついらしく、

過去、これを飲んで、車の運転中意識を失って

死亡事故を起こした例があるらしい。




医者に、服用中は絶対に車を運転しないように、

と固く誓わされた。




意識を失う?

もっとつっこんで聞けばよかった。




最後に、禁煙開始日を

宣言書に書く。




僕は5月3日にした。

GW前にした。




いまいちばんつらいのが、

仕事の休憩中に吸えなくなるのがつらいので、

休暇中に、禁煙に慣れようという考えだ。




まあ極端な例だが、

くれぐれも気をつけてくれと。




禁煙外来、初診はこれだけ。

なんかチャンピックスをもらいに行くのが

目的だけなカンジだった。




禁煙外来初診の診察代は1,850円。

チャンピックス代は2,000円。




もしこれだけで止められたら

安上がりだね。


チャンピックス服用初日のブログはコチラ



禁煙 ブログランキングへ
posted by ケン モリ at 23:42| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。